就職支援


就職を成功させるための応募書類。一生懸命作成したのに不採用。面接まで進めないという方多いです。

せっかく面接に進めたのに、緊張していつもの自分が出せなかった。あと一歩のところまではいけるのに。お悩みの方が多いです。

ここでは応募書類の作成の仕方、面接の対応方法、心構えなどをご紹介します。

人材と人財 どう違う?

プラスαの仕事を!

よく聞く言葉「人財」または「人材」どう違うのでしょう?いろんな説がありますが、就職活動をしている方を前提にして説明していきますね!

「人財」は、財の字からも分かるように、会社にとって有益な人を指す言葉です。働く人は財産ということですね。

その中でも、給料以上の仕事をして会社にとって利益を上げてくれる人を「人財」と言います。

目の前にある仕事、言われた仕事だけをしている人を「人材」と言います。誰でも会社に入ったばかりの時は「人材」です。言われたことを一生懸命こなすだけで精一杯かもしれないですね。でもずっとそのままだといつまでも成長せず「人材」のままです。


どうすれば「人財」になれるんでしょうか?

それは、自分次第です。「どうしたら仕事を効率良くこなせるようになるか?」「無駄をはぶくにはどうしたらいいのか?」「ミスなく正確に仕事をこなすにはどうしたらいいんだろう?」とよく考えて工夫をすることです。

必要な技術を身につけるために勉強をしたり、日ごろの自分の仕事よりもプラスアルファの仕事が出来るように心がけをすることだと思います。周りから「頼られる人」「いないと困る」と言われるような「人財」になれるように頑張りましょう!

 

●「頼られる人」どんな仕事でもしっかりと責任をもって行います。それを続けることで周りから信頼される人になります。「この人がいないと困る」「休まれたら困る」と思われるような人を目指しましょう。

 

●社会人として必要な要素

・協力態勢

会社の一員といして、組織に所属している意識、チームワークを大切にしていきましょう。自分ひとりで仕事をしているわけではありません。社内ルールなどを守って、組織がうまくまわるように協力しあいながら仕事を進めましょう。コミュニケーション能力を高めたいところです。

 

・改善意識

仕事は何事も正確に効率的に行うようにしましょう。常に改善を意識することで「業務効率化」を図ることが出来ます。

 

・コスト管理

消耗品費、通信費、水道代など、経費削減を気にしながら仕事を進めましょう。勤務時間内に業務が終わるように、時間を有効に使いましょう。

 

・実行力

口先だけで、実行が伴わない人はビジネスパーソンとして信頼を失いかねません。仕事を始めてしばらくすると、事業の成功や継続のために結果を出すことを求められます。いろんな失敗や成功を積み重ねることで成長することが出来るでしょう。

社会では、つらいこともありますが、仕事を通じてしか味わえない達成感もあります。

何事もまずは実行から。動かなければ始まりません。

 

まとめ

人材…仕事をただこなすだけ。

人財…給料以上の仕事。会社に利益をもたらす人。

履歴書って手書き?

履歴書

履歴書は手書き?パソコン作成?

 

履歴書作成するときに、手書きかパソコンで作成するか?迷いませんか?

 

一般的にハローワークや求人誌で募集を行っている企業、老舗企業などは手書きを好む傾向があります。筆跡から性格、人柄などを推し量ろうとすることもあるようです。こういった企業であれば「手書き」がいいでしょう。

 字が小さすぎたり、癖のありすぎる文字だと、自信なさげに見られたり、主張が強すぎると判断されることもあります。出来る限り丁寧に書きましょう。間違えたら作り直し。修正ペンは使いません。

 


転職サイトやホームページから応募を受け付けるような会社は、履歴書をパソコンで作成しても、手書きでもどちらでも問題ないようです。ただ、外資系企業やIT系企業は「パソコンで作成した履歴書」が好まれることが多いです。手書きは古くさい。管理が面倒。という考え方もあるようです。書類選考で落ちてしまった。なんてことにならないように応募先企業により「手書き」か「パソコンで作成」か見極める必要があります。

 

サイズは広げてA3、折りたたんでA4のものがいいでしょう。A4サイズで資料を管理する企業が多いためです。でもB4を折りたたんだB5サイズでも構いません。履歴書の内容が大事です!

内容についてはまた次回に!

→ホームへ

 

簿記

簿記用語 難しい?

簿記は事務職、経理職を希望している方におススメ!です。

日々の経済活動を記録してお店や企業の財政状態や経営成績を明らかにする技術です。

 

簿記を勉強することによって経理事務職に必要なスキルだけでなく、財務諸表を読む力が身につき、日々の処理、決算時の処理、経理独特の用語なども習得することが出来ます。経理関係の書類なども読めるようなり、数字の読み取りが出来るようになり、いわゆる数字に強い人に近づけます。

 

基礎的な経営分析力も身につきますので営業職や管理職の方にもおススメです。オフィスサポートでは簿記講座も開催しております。興味のある方はお気軽にお声がけください。

 

→ホームへ


CADオペレーターのお仕事

手に職!つけちゃう?

CADは、Computer Aided Designの略称です。

パソコン上で設計したり、製図を行なえるソフトウェア・システムを指します。

転職活動をしていると、「CADオペレーター」ってよくみかけませんか?CADオペレーターは、設計士の指示に従い“図面修正・仕上げ”などを行なう仕事です。

 

たとえば、機械部品を作る時に最初に設計士が設計図をつくりますよね。工程が進むにつれ、設計変更などがおこります。そう!設計図変更作業が発生するんです。

設計者の指示に従って、図面を調整・修正していくのが、CADオペレーターです。

 

細かな作業が苦にならず、手に職付けたい方におススメ!です。オフィスサポートではCAD講座も開催しています。興味のある方はぜひご連絡ください。

 

→ホームへ


履歴書の写真

写真で伝わるの?

履歴書のなかで一番大事なものはなにかご存知ですか?そうです。写真なのです。

採用部門では、履歴書は写真と最終学歴しか見ないという方もいらっしゃいます。写真を見て、会いたいなと思ったら面接の案内を出すようにしている。という方もいるんですよ。

 

インスタント写真はやめて、なるべく写真館で撮ってもらいましょう!値段が高額なイメージがありますが写真1枚で希望の会社に採用されれば安いものです。採用をゲットするための自己投資と思ってください。

緊張すると怖い顔になってしまうので、若干微笑んだ自然な写真が望ましいです。

写真を撮る時の服装はもちろんスーツ着用で。面接に行くときに眼鏡かける方は眼鏡をしたまま写真撮った方がいいです。

 

→ホームへ

 


自己PRの仕方

何事も自分を知ることから。

就職支援の時に、一番苦労するのが実は「自己PR」です。日本人の良さは謙虚なところだと思いますが、就活の時には自分の長所をアピールしなければなりません。恥ずかしいことはありません。まずは、自分の長所を20個ほど書き出してみるといいでしょう。慣れていきましょう。

 

自己PRは、自分の経験、スキルを応募する会社で活かせますよ。こんな事が出来ます。得意です。と自分のセールスポイントを整理して相手に伝わるように書いていきます。何度も転職している、年齢が高い、未経験の仕事、資格がないといったマイナス面があったとしても、この自己PRをうまく使って応募会社にアピールすることで採用されることも多いです。

 

自己PR文の作り方 結論→根拠(過去)→活躍(未来)

①結論(例:努力家)

②根拠(働きながら独学で○○の資格を取得:過去)

③今後の活かし方(未来)自分のアピールポイントを今後、どのように活かしていくか。

 

最後は応募先企業で求められる人材であることをアピールしましょう。

 

→ホームへ


志望動機の書き方

志望動機の書き方

どうして、その仕事?

面接のときも質問されますし、応募書類にも記入していくことになる、志望動機。

ただ単に「○○職に興味があったので応募しました。」では、ダメですよ。動機が弱すぎます。

 

志望動機を書く時には、「応募先企業の研究」をしてください。そしてどんな人材を必要としているのか、喜ばれるスキル、経験は何か?自分がそれに当てはまるのか?を研究するんです。

そして、自分がどれだけその会社に「貢献」出来るのか、就職したらこんな風に「お役に立てますよ」と言えるようにしておきたいものです。自分の○○の経験が活かせる。役に立つ。と話せるようにしておきましょう。説得力が出てきます。

 

即戦力になる人材が求められています。

 

→ホームへ