簿記上の現金?

簿記上の現金とは?

現金とは?

一般に現金といえば私たちがいつも使っている貨幣や硬貨などの通貨のことを言いますが、簿記の世界ではその他に、すぐに換金できるもの(通貨代用証券)も現金として扱います。簿記でいう「現金」とは、「簿記の世界の現金」のことです。通貨のほかに通貨代用証券も現金として扱います。

 

すぐに現金にかえることが出来るものは「現金」として扱っていきましょう。ということです。

→ブログ一覧へ

→ホームへ