間違いノート活用法

間違ったらそのまま?

「間違いノート」活用しましょう。

 

簿記の勉強していて、練習問題や過去問なんかを解いていると

必ず間違えてしまう問題ってありませんか?

1回や2回じゃなくて、何回も。

 

どうして間違えてしまったのか、分析できてますか?

間違えて覚えてしまってる。→正しく覚えなおす必要あり。

勘違い→正しく覚えなおす必要あり。

理解できていない→テキスト確認して基礎からチェック。

と、間違えたらそのままにせずに

「自分がなぜ間違えてしまったのか?」を分析するようにしてください。


そして次は間違えずに解けるようにしていきましょう。

そうしないと、点数があがってきません。

今現在問題を2時間解いて、50点の人は

当然 あと20点加点しないと、70点に届きません。

 

ただ言うのは簡単なんですが、なかなかその70点が結構難しいんです。

そこで活用したいのが、「間違いノート」です。

なに?とお思いでしょうが、結構訳に立つんですよ。

今までの生徒さんも、「間違いノート」作っておいて役立った!助かった!

という方多いです。

 

さて、「間違いノート」

作り方は簡単です。

よく間違えてしまう問題を、載せていくだけです。

手書きでもいいし、コピーしたものでもいいです。

そして必ず解答も載せておいてください。作り方はこれだけです。

 

そして使い方ですが、時間がある時に見るだけです。

ちょこちょこ確認するようにして、正解を身につけるようにするだけです。

これが結構効果があるんですよ!

 

テスト前になると、練習問題や過去問、予想問題を沢山こなしている状態になっているので、もう一度間違えた問題、苦手な問題を解いておこう。と思っても

探すのに時間がかかったり、または問題を探せないことも。

そんな時に「間違いノート」を作っておけば

苦手な問題が全て書かれているので、最終チェックを行うのも

探さずに済むんです。効率よく苦手チェックが出来ます。

 

ぜひ作ってみてください。

これは簿記試験以外でも使えます!

→他の簿記ブログ

→ホームへ

→簿記練習問題